安い自動車保険を見つけるための自動車保険比較情報サイト

色々な

の最新アイテムを通販!

通常、自動車保険の保険料は、年間分を一括で支払いますが、なかには月払いや分割払いで支払える保険会社もあります。

ただ、その分保険料は少し割高となりますが、一挙に数万円~数十万円のお金が出て行かないので、負担は軽く感じるかもしれません。

特に若い世代の人の場合は、年間の保険料が10万円を超える事も珍しくありませんので、こういう時は、月払いで支払うと良いかもしれません。

月払いの分割で支払う場合は、10回や12回などの回数に分けて払込していきますが、通販型のすべての保険会社で月払いを利用できるわけではありません。

そこで、保険料の支払いにクレジットカードを利用すれば、実質的に分割払いと同じ事になりますので、クレジットカードを持っている人は利用しても良いかもしれません。(同じクレジットカードでもデビットカードは一括決済なので対象外となります)

それでは、通販型の自動車保険で、保険料を月払いできる会社をみていきます。

なお、代理店型(東京海上や損保ジャパンなど)の自動車保険の場合は、月払いに対応している保険会社が多いようです。

今月新品入荷

まず最初に、私が契約していた自動車保険のアクサダイレクトですが(現在は他の保険会社に変更しました)、ここは、年間の保険料を10回に分割して払うことができます。

ただし、初回だけは3ヶ月分の保険料が必要になりますが、次回からは銀行口座から引き落としされます。

この会社では、以下のように4種類の支払方法から選ぶ事ができます。

支払方法 申込可能期限 申込方法
インターネット インターネット以外
クレジットカード 保険始期日前日まで

契約の案内に同封のクレジットカード支払依頼書に記入し返送

コンビニ払い
(払込票郵送方式)
保険始期日の10日まで
コンビニ払い
(オンライン方式)
保険始期日の3日まで

ネット上で払込票をプリントアウトするか、または表示される払込番号でコンビニ払い

×
銀行振り込み 保険始期日の3日まで

取り扱い可能金融機関のインターネットバンキングのみ

×

※ 支払い方法で「分割10回払い」を選択した場合は、銀行口座からの引き落としを依頼する「預金口座振替依頼書」の提出が必要です。
※ 原付・バイク保険の場合は、保険料の分割払いはできません。

クレジットカードや月払いの分割が可能な保険会社

上記のアクサダイレクト以外に、口座振替で月払いができるのは「チューリッヒ」です。

  • チューリッヒ:電話や郵送による申し込みの場合だけ月払いが可能(インターネットからの申し込みの場合は不可)

クレジットカードの分割支払が利用できる保険会社は以下のところがあります。使用できるクレジットカードは「VISA、MASTER、JCB、AMEX、ダイナースクラブ」などのカードです。

ただし、クレジットカードの月払い分割の場合は、所定の分割手数料が別途必要になる場合がありますので、注意しましょう。

「支払の方法にクレジット払いを用意している保険会社」

  • ソニー損保(分割払いの分割回数は11回)
  • 三井ダイレクト損保(分割回数は12回)
  • おとなの自動車保険(分割回数は12回)

上記が、クレジットカードを使用することで分割払いが可能となる保険会社です。なお、クレジットカードの分割機能を使用するもではありませんので、注意してください。

「クレジットカード会社の分割払いで支払える保険会社」

  • イーデザイン損保
  • そんぽ24
  • SBI損保
  • アクサダイレクト
  • (チューリッヒ)
  • アメリカンダイレクト

※ 2014年4月時点
※ アメリカンダイレクトは、2016年4月より新規の保険販売を終了しました。

これらの会社では、口座振替での「月払い」は利用できませんが(チューリッヒを除く)、クレジットカードを持っている場合は、クレジットカードの分割払い機能を利用する事で、

,人気の,.,,専門販売店,.,本物品質の,.
,【大特価!!】新作通販激安,,.,【最低価格!大幅割引!】.
、実質的に通常の分割払いと同じ事になります。

補償開始の条件は保険料を支払っていること

自動車保険は、保険の申込をしただけでは補償は始まりません。補償が開始されるためには、

、以下の条件を満たしている必要があります。

  1. 保険の申込手続きが完了していること
  2. 第1回目の保険料を支払っていること(月払いの場合)
  3. 車検証の名義が自分になっていること

自動車保険の保険料は、一括払い、月払い共に前払いになっていますので、一括払いであれば年間の保険料を、月払いでは第1回目の保険料の支払いが完了していなければ、補償は始まりません。

つまり、任意保険を申し込み契約も完了したからといっても、保険料を支払うまでは「補償開始」とはならず「保留」状態となっています。この保留の期間に事故を起こしても保険金は支払われませんので、契約と同時にできるだけ早く保険料を支払うと良いでしょう。

また、車の名義も自分になっている必要があります。車のディーラーで購入した場合は心配ないでしょうが、友人や知り合いから車を購入した場合は、名義変更をし忘れている事も考えられますので、名義が自分になっているかを確認することも忘れないようにしてください。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました。

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は 、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

車を探すなら

なびくる+車お探しサービス

関連記事

注目記事の一覧

車買取一括査定

運営者情報ほか

カテゴリ

アーカイブ

自動車保険の保険料は月払いができるの

安い自動車保険を見つけるための自動車保険比較情報サイト

Copyright © All Rights Reserved. All Rights Reserved.© これから始める自動車保険 , 2014 All Rights Reserved.

Page Top ↑
{yahoojp}xt01-zzp05-wl-2505