十本目  追風(おいかぜ)

[意義]
前方へ逃れ去ろうとする相手の背後より、 小足にて追い迫り斬り付けてたおす業である。

[動作]

(イ)
正面に向かって立ち居合腰となる

。(追撃の準備体勢)
(ロ)
左手は鯉口にとり、母指で鯉口を切り柄に右手をかける。

(ハ)
相手が前方に逃げるを小足で追い進む。
(ニ)
相手の背後に十分に追い進み小足となり、(その場で極めて小足で足踏みする程に) 更に大きく右足を踏み込んで横一文字に抜き付ける。
(ホ)
横一文字に抜き付けるや否や、左足を踏み込みつつ諸手上段に振りかぶり、 更に右足を踏み込んで真向に斬り下ろす。

(ヘ)
残心十分にして左手を腰にとり、刀は右斜上に回して右拳を右鬢にとり 血振るい納刀する。。。
{yahoojp}xt01-zzp05-wl-3371